会員情報を表示
会員専用メニューを表示します
お買上4,800円以上で送料無料

お支払い方法

クレジット決済・コンビニ振込・郵便振込・代金引換
小ネタ集

健康情報小ネタ集

カテゴリー

最新タイトル

Newバンキー療法をはじめよう 第8章

Newバンキー療法をはじめよう 第7章

Newバンキー療法をはじめよう 第6章

Newバンキー療法をはじめよう 第5章

New菊芋サプリメント「イヌ凛」で血糖値改善

Newバンキー療法をはじめよう 第4章

Newバンキー療法をはじめよう 第3章

Newバンキー療法をはじめよう 第2章

Newバンキー療法をはじめよう 第1章

New酢の成分を化学的に分析するPart-3

New酢の成分を化学的に分析するPart-2

酢の成分を化学的に分析するPart-1

黒酢健康法-2「酢の活用法」

黒酢健康法-1「酢の歴史と私達の生活」

日経ヘルスプルミエ2010年11月号でお酢の特集

コレステロール分解・排泄のメカニズム

アトピー性皮膚炎 Part-6

アトピー性皮膚炎 Part-5

アトピー性皮膚炎 Part-4

アトピー性皮膚炎 Part-3

アトピー性皮膚炎 Part-2

アトピー性皮膚炎 Part-1

肝腎要の腎臓病対策

夏に負けない

お酢で食中毒の予防

口蹄疫に役立てば〜黒酢の殺菌効果で地域支援

健康食品としてのオリーブオイル

こんなにすごい!イヌ凛の健康効果

アミノ酸の分解と再合成(遊離アミノ酸とオルニチン)

皮膚バリア

皮膚のメカニズムの解明

心の病を防ぐ法〜トリプトファンの魅力

肝心要の肝臓病対策

花粉症体験〜花粉症対策のワザを伝授

『味の箱舟』に認定された雪菜

バンキー療法の流れ

イヌリン〜血圧降下や血糖値改善の方記憶が急増しているキクイモ成分

鼠径ヘルニアの改善に約立ったビタミンC(アセロラ)

中医学の医師に聞く〜足湯の健康法と足湯治療法〜

『味の箱舟』に認定された雪菜〜イソチオシアナートが豊富

 

●味の箱舟プロジェクト

イタリアのスローフード教会が1997年からスタートさせた「味の箱舟プロジェクト」をご存じですか?
スローフード教会によりますと...(http://www.slowfoodjapan.netより抜粋)

各地方の伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類などのなかには、このままでは消えてしまうかもしれない、小さなつくり手による希少な食材がたくさんあります。

「味の箱舟」(アルカ)プロジェクトとは、こうした食材を世界共通のガイドラインで選定し、プロモーション活動などの支援策によって、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守ろうというもの。
大量生産・大量流通のなかで、世界を包み込もうとする「食の均質化」を「大洪水」に、未来の子供たちに残したい味を「箱舟」にたとえています。イタリアでは、すでに500以上の貴重な食材を「味の箱舟」に選定するなどして、取り組みを進めています。  
日本でも、2003年に第1回の「味の箱舟」の調査を全国の各協会にお願いしましたが、それから2年間、予算の確保や推進体制づくりなどに手間取り、文字通り“スロー”なスタートになりました。ようやく2005年の4月に、選定を行うための「味の箱舟」学術委員会を開くことができ、 2005年12月に日本で初めての「味の箱舟」認定を公表させていただきました。今後も、取り組みをさらに本格化していきます。

スローフードジャパンでは、「味の箱舟」の生まれる現場をみなさんに肌で感じてもらおうと、現地ツアーをはじめました。主催は、「味の箱舟」候補を推薦する協会です。わが土地こそは「味の箱舟」の宝庫、という協会は、どんどん手を挙げて下さい。  
このツアーは、旬のおいしさを味わい、当地の会員と交流しながら、生産現場を知ろうというもの。普段は口にできない希少な食材を味わえるのは、会員さんだけの特権です。また、各地に広がる協会間での交流を進めるキッカケの1つにもなるかもしれません。普通のツアーでは決して体験できない、味をめでるスローな旅。「味の箱舟」プロジェクトがわからないという会員さんも、ぜひ参加して下さい。  

今後も、「味の箱舟」プロジェクトに関連するいろいろなイベントを考えていきます。ぜひ、日本でも、真のローカリズムの風を吹かせながら、次々と「味の箱舟」を就航させていきましょう!!

雪菜この様なプロジェクトで、世界の伝統食材を守り育てていこうという取り組みなのです。
あくまでも商業ベースではなく、貴重になりつつある食材を認定することで認識を高める事が目的なのです。
健康医学社では上記プロジェクトの中で『雪菜』を鹿児島の自社農園で育てています。
実はこの『雪菜』は貴重なだけでなく、とてもすばらしい栄養が含まれているからなのです。

成分名はイソチオシアナート(イソチオシアネートとも記載)と言い、この成分の健康効果が近年話題になっているのです。
しかしこの成分、これまでは分析方法が確立しない事もあり、食品分析でも表示されていません。
健康医学社では独自に研究を重ね、イソチオシアネートを多く含む食品に雪菜がある事をつきとめ、栽培テストを行ってきました。
昨年からは雪菜とケールをブレンドした製品を開発し、この春、『雪菜ケール青汁』が誕生したのです。

 

●イソチオシアナート

イソチオシアナートという成分には、デトックス効果をはじめ私たちの健康に関わる大切な働きがある事がわかってきました。
名前を聞くと難しいのですが、ワサビなどの辛み成分の一種です。
この成分、これまでも抗菌作用とか、デトックス作用は知られてきました。ところが、このデトックスのメカニズムを研究すると、抗がん作用のあることがわかってきたのです。

通常、私たちの体では毎日のようにがん細胞や腫瘍細胞は発生しています。しかしその悪性細胞を分解する免疫細胞や体内酵素の働きで、がん細胞が増殖しないようになっています。
アミノ酸やビタミンCは免疫細胞を強化してくれますが、イソチオシアネートは解毒酵素の増殖を助けてくれます。
また、がん細胞や薬剤抵抗性の白血病細胞を、死滅させるきっかけになる酵素を作るためにも働きます(正確には、がん細胞や白血病細胞が自殺する働きをオンにする)。
イソチオシアネートは、この様に直接的にがん細胞を攻撃するのではなく、体内でがん細胞を攻撃する働きを活性化させるのです。これを間接的抗がん作用と呼んでいます。
非常に複雑な細胞のシステムの一部を担い、デトックスや抗ガン作用としては重要な役目に関わる成分なのです。